白髪が増える原因

「私たちの髪が何故黒いのか?」

実は、私たちの髪はもともと白いのです、メラニンという物質の働きで黒くなっているのです。
毛根の根元には色素細胞があり、そこでチロシナーゼという酵素がメラニンを作り出して髪を黒くしています。

正確に言うと「白髪が増えて」いるのではなく、「黒髪が減って」いるのです。
なので、白髪が増える原因は、「メラニンを作り出す働きが弱ってきている」と考えることができます。

では、なぜ「メラニンを作り出す働きが弱る」のでしょうか?
それにはいくつか原因があるのですが、
ストレス、遺伝、老化、栄養不足、生活習慣、病気などが主な原因であると考えられています。

酵素と白髪の関係

「メラニンを作り出す働きが弱る」原因として、
「メラニンを作り出す酵素が減った」という理由が考えられます。
私たちの体が年齢を重ねると、メラニン色素を作る酵素を含む体内酵素の生産量が減少していきます。

体内酵素の減少を少しでも遅らせるためには酵素の原料を摂取することが必要です。

白髪を予防するためには、色素細胞が活発に働くために必要な栄養素であるビタミンやミネラルなどを
摂取する必要もあります。
たくさんの野菜や果物などから作られている酵素ドリンクには、これらのビタミン群を含むものも多く、
黒くて美しい髪の維持が期待できます。

白髪に悩んでいる方はやはり多く、35歳を超えて、それまでほとんどなかった白髪がポチポチと増えはじめました。
抜け毛や白髪が急に増えてしまう人が多いようです。

白髪は遺伝的な影響も大きいので増え始めるタイミングは個人差がありますが、
平均して男性では34歳から女性では35歳から白髪が出始めるようです。

髪の毛は頭皮の下から生えていますが、生まれるのは毛球部という上の図で言うと一番下の球根みたいなところで生まれます。
毛球部には毛乳頭組織があり、そのまわりに毛母細胞があります。
毛母細胞はケラチンと言うたんぱく質を溜めて、毛を作り出していきます。

いつ黒くなるかと言うと、毛母細胞に隣り合って存在する色素細胞(メラノサイト)が、新しい毛に黒い色を付けていきます。
この黒色の色素の正体は「チロシン」というアミノ酸です。

実は新しい髪の毛が毛母細胞で生まれたこの時は、誰でもまだ白髪なのです。

チロシンの多い食品
ゴマ、きなこ、ココア、焼き麩、カシューナッツ、干しシイタケ、アーモンド、みそなど

 

チロシンを「チロシナーゼ」という酸化酵素で、褐色の色素に変えて黒髪にしています。
このチロシナーゼが働くには「」というミネラルが必須です。

銅が不足していたら、髪の毛を黒色にすることが出来ないのです!
またヨウ素とカルシウムは色素細胞を活性化するミネラルです。
銅はカカオ、タコ、イカ、松の実、大豆、ニンニク、海苔、カシューナッツ、するめ、などに多いです。

また、そもそも髪はたんぱく質が主成分ですから、たんぱく質が不足すると髪の毛が弱ってしまいます、

髪の99%を占めるケラチンタンパクは18種類のアミノ酸で出来ていますが、そのうち一番多いのはグルタミン酸とシスチン。

シスチンは目の角膜の主成分でもあるので、目を酷使する方は、角膜の修復の方にシスチンが使われてしまい、髪が後回しにされてしまうので、疲れ目には要注意です。

 

髪のたんぱく質が作られるには、その他ビタミンB2、B6も役に立ちます。
また、ビタミンEには末梢血管を拡張する作用があるので、髪を作る時に栄養を十分受け取れます。
B群の補強には「ブルーグリーンアルジー」という藻のサプリメント。
ビタミンEはアーモンドやアボカド、そしてアスタクリルオイルにビタミンEが8種入っているので頼りになります。

ただサプリメントで栄養素をいくら充実していっても、白髪をなかなか食い止められないというお悩みもよく聞きます。
それはいったいどうしてなのでしょうか?

1つにはストレスです
ストレスが強いと交感神経が優位になり、毛細血管が収縮します。
すると細胞の隅々にまで栄養が送られにくくなり、白髪や薄毛の原因になるのです。

もう1つには運動不足
髪は毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養素によって増殖や分化を繰り返して作られるので、適度な運動で血行が良くないと白髪を増加させます。

睡眠不足です
髪が最も成長するのは、一日の中で副交感神経が活発になる午後9時~午前2時の時間です。
また眠って最初の3時間で細胞を修復する成長ホルモンが多量に分泌されますが、成長ホルモンは抜け毛や白髪にも影響していると言われています。
良い時間に寝ないと、十分な成長ホルモンが分泌されませんので、やはり白髪が増えます。

同じような理由で、首や肩こり、そして頭がこって硬くなっている人も、頭皮の血流が悪く、毛母細胞の働きも悪くなります。
時々頭皮マッサージをしてあげることも重要です、コリを甘く見てはいけないのです。白髪抑止のためにも大変良いと思います。

ただ、それでも増えていく白髪があります。
もちろん白髪は老化現象の1つなのですが、最近その大きなメカニズムが分かってきました、
イギリスのブラッドフォード大学の臨床実験皮膚科学教授のカリン・シャルルーター氏らが、The FASEB 誌電子版に発表しました。

直接の原因は過酸化水素だそうです

白髪は髪の毛が生まれる毛母細胞の周辺の毛包で生じる活性酸素の「過酸化水素」が、過剰に増えることで、黒い色素を作り出すチロシナーゼ酵素の中の「メチオニン」というアミノ酸を酸化させてしまい、酵素としての働きを死活させてしまい、黒く出来なくするそうです。

過酸化水素と言えば、要するにオキシドールです、髪の脱色剤にも使われますので納得です。

 

なんで過酸化水素が?と言いますと、日々新しい毛を作り出している毛包では活性酸素(過酸化水素)がどうしても発生してしまうんだそうです。
ただ、若年層では過酸化水素を分解して無害化する「カタラーゼ」という酵素が体内にたくさん存在するので、まったく問題ないそうです、仮に過酸化水素が増えて処理できなくてチロシナーゼが弱っても、回復させる酵素もあるので問題が起きにくいそうです。

ところが加齢と共に、毛包の中の過酸化水素の量が増え、更にチロシナーゼ酵素やカタラーゼを回復させる酵素も、両方減ってしまうことで、過酸化水素を制御できなくなり、白髪を招いてしまうそうです。

もっとも頻繁に発生する活性酸素は「スーパーオキサイド」ですが、これを体内のSOD酵素が火消しにあたります。
その時出来るのが、酸素と過酸化水素です。
これだけでなく過酸化水素は、呼吸やエネルギーを作る時にも発生します。
過酸化水素を無害化するのが、カタラーゼという酵素です。
カタラーゼによって過酸化水素は、水と酸素に分解されます。

カタラーゼは鉄を中心骨格とした酵素なので、鉄分不足ではカタラーゼが体内で作れません

鉄が多いと言えば全粒ハトムギ粉が有名です、
100g中87mgも鉄分で、桁違いに鉄が多いです。
だから1日に小さじ2杯でOK。
焙煎しているからほんのり甘くておいしいので、料理にもお茶にも何にでも入れて違和感がないです。

鉄の多い食品
きくらげ、ひじき、アマランサス、切り干し大根、くるみ、ゴマ、きな粉、あおのり、煮干し、抹茶、干しエビ、あさり、しじみ、松の実、カシューナッツ、焼き海苔、パセリ、ココア、豆味噌など

 

過酸化水素は「グルタチオンペルオキシターゼ」と言う酵素でもやっつけられます。
これはセレニウムを必須とする酵素です。
チロシナーゼ酵素に多いメチオニンを補給することも大変有効だそうです。
かつお節、湯葉、ゴマ、しらす、高野豆腐に多いです!

過酸化水素は白髪の原因だそうですが、体内では通常そこまで強力な活性酸素ではなく、これが変化してヒドロキシラジカルになった時が、一番最強の老化を呼ぶ活性酸素なのですが、これは水素で無害化出来ます。
ビタミンC、フラボノイド、ポリフェノール、ビタミンE、カロテノイドも役立ちます。

どうしても白髪が出来てしまった場合は染めてしまいましよう。

■キレイに仕上がる理由はコレ!
「天然利尻昆布エキスなど27種類の植物成分を配合!」
天然利尻昆布は髪を健やかに保つミネラルが豊富!
また、ヌルヌル成分・フコイダンがパサついた髪を
しっかりとまとめてくれます。

■シャンプーで白髪が染まる理由!
「キメ細かい泡で髪に付着しやすくムラなく染まる!」
(サスティの独自技術)
利尻カラーシャンプーは、泡立ちが良く、キメも細かいので
髪に付着しやすく、根元からキレイに染まります。
髪を傷めませんし、仕上がりもきれいな黒髪になりますよ。

 

利尻カラーシャンプー

 

美容院要らずで時間短縮ができ、定期ケアが簡単に出来ちゃいます。
もちろん、無添加でシャンプーですので白髪染め特有の不愉快な臭いや刺激もなし!
それだけでありません!
セルフヘアカラーは髪が痛みがちですが、グローリン・ワンクロスは、
ハリ・コシ・潤い成分のケラチン・シルク・ヘマチンに
加えて、3種の花エキスを配合し、髪を常に美しく若々しい状態へと導きます。

グローリン・ワンクロス

白髪になるメカニズムがついに判明。
髪も抗酸化、そして血流よくいきましょう